ロッテ 山口航輝3発!落合以来のチーム40年ぶり8打点「打ちすぎて怖い」V消滅危機救った

thumbnail image◇パ・リーグ ロッテ13ー5オリックス(2022年9月22日 京セラD)<オ・ロ>8回2死一、二塁、この日3本目の本塁打を放ち、ガッツポーズで生還する山口(撮影・北條 貴史) ロッテの山口航輝外野手(22)が22日のオリックス戦(京セラD)で、3本の本塁打などで8打点を挙げた。ロッテ選手の1試合8打点は1982年8月4日南海戦の落合博満以来40年ぶりとなった。 4―1の4回無死一塁。山岡の3球目、140キロのカットボールを左翼5階席へ特大の12号2ラン。7回は左越え13号ソロ。「1試合2本は2軍でもない」と喜んでいたが、これで終わらない。8回には14号3ランを左翼席に叩き込んだ。 地元大阪で、チームでは20年の井上以来となる1試合3発を放った山口は、球団広報から「どんなボールを打った?」と球種を質問されると「硬式ボールです」と舌も滑らか。「甘い球が来たら行こうと思っていた」という積極性が、…

このサイトの記事を見る

タイトルとURLをコピーしました